台風がやばそうです

こんばんは。
ふと気が付けば以前更新したときから、1ヶ月以上経過しているではありませんか^^;
誠に申し訳ありません(__)
という事で今回作品を2つ紹介したいと思います。
今回の作品はみなさんお馴染みのこのキャラ達です。

c0088747_20242782.jpg

遠い昔・・・・・・
闇の帝王『マクータ』と血のつながりを持つ暗黒の支配者『ヴォック』はマクータの死後、マクータの思いを引き継ぎマクータが率いていた暗黒の集団『ブラザーフッドオブマクータ』のメンバーを再び集結させた。
そして暗黒の集団は再び勢力を増していった。
ブラザーフッドオブマクータは『デビルキラー』という名前にかわり、新たにヴォックがその頂点に君臨した。
ヴォックは地上のあらゆる島々を占領し、マトランの住処を奪い、マトラン達を次々と邪悪な兵士へと改造した。
だが、そんなとき一人の勇者がデビルキラーの前に立ちはだかった。
マトランの身長の倍以上はありそうな大柄な男。
彼の名は『バラドクス』
彼の圧倒的な強さにヴォック以外のデビルキラー達は封印された。
バラドクスはヴォックと一対一の対決に挑んだ。
バラドクスとヴォックの強さはほぼ互角。
戦いは長期戦となった。
そして、とうとうバラドクスの拳がヴォックの体を突き破り心臓に直撃した。
バラドクスの体力はもはや限界に近づいていた。
だがバラドクスは最後の力を振り絞りヴォックにとどめを刺そうとした。
しかし、そこでヴォックの最終兵器が作動した。
ヴォックにとどめを刺そうとした瞬間、バラドクスの目の前に病気になって苦しむ
彼の愛人の姿が現れた。
バラドクスは動転しヴォックにとどめを刺すのを忘れ愛人に近寄った。
だが愛人に触れようとした瞬間、愛人の姿は霧になって消えた。
それが幻覚だと気付いた時には遅かった。
彼の背中にはヴォックの剣の鋭い刃が刺さっていた。
バラドクスは死んだ。
彼の魂は暗黒を彷徨いながら一つの光を見つけた。
魂が彼の体に戻ったのだ。
偉大な勇者ではなく、邪悪な怪物として。

c0088747_20253110.jpg

はい。
ストーリー長過ぎですね^^;
でも、大体彼に関する事が分かったんじゃないでしょうかね?
少しヴォックのマスクの能力も分かったかな・・・?w
まぁ、ストではお馴染みのバラドクスさんです。
今僕が所持しているオリジナル作品の中では、一番の大きさを誇っている作品です。
実はヴォックさんよりも大きいんですよw
けっこうな密度の作品です。
基本的には黒+銀の組み合わせですがアクセントとして金色も所々にいれてます。
c0088747_20263318.jpg

背面です。
レイダックの顔パーツを二つ使用して、自然なラインを表現してます。
背中はけっこう適当な作りですがレイダックの顔パーツでごまかしてます(ぇ
c0088747_20271276.jpg

腹部のアップです。
ヴェゾンマスクをつけてボリュームアップしてます。
c0088747_20274670.jpg

手です。
基本的にはアクソンの指の感じですが、少しアレンジをくわえて
ホーディカの足パーツを装着してます。
c0088747_2028943.jpg

肩のアップ。
バイキングのドラゴンのパーツやイニカの肩アーマーなどを組み合わせてみました。
とがってて、けっこう野蛮そうに見えるかな・・・?
でも実はこの写真に見える金のチューブはヴォックに使っているパーツなんですよね^^;
なので、何か他のパーツでかわりをしないとOFFとかでヴォックと一緒にお披露目できません^^;
c0088747_20282955.jpg

背中のアップ。
ピラカの体パーツを中心に、ピラカの足パーツなどで密度をあげてます。
c0088747_20292297.jpg

足のアップ。
強度を高くするために、アクソンなので使われているL字パーツを使ってます。
c0088747_20302691.jpg

最後に決めポ−ズ!
是非ともOFFでみなさんに見てもらいたい作品の一つですね。
一応、恒例の野外OFF計画してるのでそこで披露できたらなぁ、なんて思ってます。
では、今日はこの辺で!
[PR]

# by TAKE-NICLE | 2007-07-13 21:17 | デビルキラー  

申し訳ありません><

どうも、こんばんは。タケです。
メインブログ、ストーリーブログは更新していたにも関わらず、こちらは全く
更新していませんでした^^;
申し訳ないです。
そして、ふと気が付けばもう6月・・・・・。
早すぎ(何
1ヶ月以上、更新しなかったお礼(?)として、今回は2つの作品を紹介します^^

c0088747_2026667.jpg

え〜、バックストーリー書くつもりでしたが、思い浮かばないので省略致します(蹴
c0088747_20262731.jpg

以前の記事でも告知した奴らです。
名前は、左から「フィアー」「ホープ」です。
この名前は、僕の好きなバンドのある曲名からきてたりしますw
意味的には意味不明ですが、希望と恐怖という名前のわけの分からん凸凹コンビという
事で(ぇ
確か、この作品はお正月のOFFのために急いで作った作品の一部だったと思います。
まぁ、単にデュームのマスクが使いたかったので作った訳なんですが、今でもお気に入りの作品の1つです。
c0088747_20264046.jpg

バック。
基本的に体の作りは同じです。
フィアーはダークな雰囲気に、ホープは涼しげな雰囲気が出るよう気を付けて作りました。
まぁ、一応フィアーは炎、ホープは氷を操るという設定にしときます(ぇ
c0088747_20344989.jpg

ホープのアップ。
実はこのマスク、マスクセットの初回限定版にしか入ってない、カウカウのミスプリントです。
ブタ殿から快くトレードしていただきました。今さらですが、ありがとうございました。
c0088747_21105885.jpg

フィアーをアップ。
黒と赤という色の組み合わせで、重々しい雰囲気が出てればいいなぁ、と思います。
ちなみに、写真のように首の後ろからスコープがせり出る仕組みになってます。
c0088747_20345982.jpg

最後にキメポーズ(´∀`)ノ
とくに、工夫した所はない作品ですが、個人的にはけっこうお気に入りの作品達です^^
それでは次の作品です!
c0088747_20383595.jpg

まぁ、例によりバックストは無しという事で(殴
c0088747_20362419.jpg

えぇ〜、こちらは今の僕の作品の中では一番新しい作品です。
メインブログの方で↑の作品は公開しましたよね。
名前は・・・・まだ決まっておりませんので募集いたします(__)

今回の作品は、TANさんやToa-Juさん、GMさんのいった大人ニクラーの方々の作品に
影響されて作りました。
やはり、一番気を付けている事は体の密度でしょうかね。
c0088747_20363318.jpg

バックです。
作り始めた当初は、アボーキーを顔に使用するつもりだったんですが、どうも金では
暗い雰囲気の作品になってしまったため、黄色のペークイを使用しました。
そして、アボーキーは背中のボリュームをUPさせるために背中に使用しました。
c0088747_20364535.jpg

体のアップです。
メトロの素体を使用してるので、そこまで凝った作りにはなっていないんですが、
メトロの素体にメトロマトランの体パーツを装甲板にして、素体と装甲板の間の隙間を
パーツで埋めていったという感じです。
この作品、けっこうな密度なのでそこそこの重さはありますw
c0088747_2037839.jpg

表情を豊かにするために、指もあります。
最初は、バイキングのウルフに入ってる黒い棒みたいなやつ(ぇ)で指を作ろうかと思ったんですが、どうもゴツい体には合わなかったのでフィグの腕を指にしました。
c0088747_20372139.jpg

肩のアップ。
当初はイニカの肩アーマーだったものを、ピラカのボトルのフタマスクを使用して
マッチョな感じに仕上げてみました。
c0088747_21203152.jpg

そして、足。
GMさん思いっきりパクって申し訳ありません・・・(><)
ホーディカの顔パーツを使ってるので膝関節は曲げる事ができます。
c0088747_20381030.jpg

ちなみに・・・。
指があるんでピースも出来ます(見えないか^^;)。
c0088747_20382281.jpg

最後に決めポーズ!
こちらもかなり、力を入れて作った作品です。
早くOFFで披露したいなぁ、と思いますがあいにくOFFの予定は全くないので^^;
では、今日はこれくらいに!
さよなら〜(^∀)ノ
[PR]

# by TAKE-NICLE | 2007-06-02 21:27 | トーア  

危ない危ない

いやいや、あと1日で1ヶ月更新しないところでしたよ^^;
すみません(__)
まぁ、あんまり前振りが長いのもアレなんで、サクッと作品紹介いきますね。

c0088747_204463.jpg

誰も追いつく事の出来ぬスピード。
荒れ果てた大地をただ永遠に走る。
それが彼の宿命


アル・ザバンという島があった。
そこはボロック天国。いや、ボロック地獄。
島のあらゆる場所にボロックの魔の手がはびこり、島の木々は枯れ、川は干涸びた。
島のマトランはほとんど死んだ。
ボロックに殺された者からボロックの驚異に耐えられずに自殺する者まで。
そんなある日、謎の青年が現れた。
金色の仮面を身に付け、伸縮自在の剣を持ち、胸にクラナを装着している謎の青年。
ボロックを倒すために派遣された謎のトーアだった。
彼の名は『ヴォロキアル
c0088747_2044286.jpg

ストーリー長くなってすいません^^;
今やってるスト終わったら、このストやろうかなw
以前、miznoさんの掲示板にも投稿した作品です。
そして、僕が尊敬するニクラーの1人、kusatuさんの影響を受けた作品でもあります。
基本の配色は茶+橙といったってフツー。
見てもわかりますが、指もあります。
工夫点は胸のクラナを装着する部分ですかね。
c0088747_20444484.jpg

バック。
メトロの素体を使用しています。
工夫点はなしです^^;
c0088747_20445462.jpg

マスクはアボーキーを使用してます。
けっこうボリュームのあるマスクなので使い甲斐があります(謎
c0088747_2045349.jpg

こちらが工夫したクラナを装着する部分。
けっこう単純な作りですが、なかなか苦労しました。
どうやったらコンパクトにクラナが落ちないように出来るかとしばらく考えた末
これが出来上がりました。
c0088747_20451317.jpg

こちらが、彼が使う伸縮自在の剣。
「アル・ガナフ」
この剣の自在に操りボロックからクラナを奪い捕る。
c0088747_20452259.jpg

きめポーズ1
c0088747_20453445.jpg

きめポーズ2
軽いんでこんなポーズも出来ます。
c0088747_211529100.jpg

次回はこいつら!
ではでは〜。
[PR]

# by TAKE-NICLE | 2007-04-21 21:15 | トーア  

クリブリのコンテストに出した作品を。

どうも。こんばんは。
こんな不定期更新でもちゃんと人が来てくれているのが、何だか申し訳ないというかなんというか・・・^^;
でも、やっと春休みに入るのでこまめに更新できたらいいなぁ、と思います。
そして春休みなので張り切ってニクるぞー、という所なんですが最近かなり
スランプ気味なんですよね^^;
何かいつもパッとしない自分の納得のいく作品が出来ないんですよ・・・。
KATさんのピラカコンにも投稿しなくちゃいけないというのに、どうしましょうかねぇ・・・(滝汗

なんか愚痴ばっかりで申し訳ないですが、やっと本題です。
今回は土岐のクリブリのコンテストに出品した作品を紹介します。
たぶんVAIOさんの掲示板やmiznoさんのサイトで見た方も多いと思います。
こちらです。
c0088747_20432090.jpg

驚くべきスピード。そして、恐ろしいハンターの本能。
獲物を発見すれば、高速で水中を泳ぎ、銛で獲物の息の根を止める。
深海の恐怖。。。
c0088747_20433740.jpg

はい、全体図はこんな感じになってます。
最初は黄+青(濃紺)だったんですが、なんかそれだとよくありがちな配色なんで
アクセントとして赤色も入れてみました。
意外にあったので良かったです。
名前は↑でも言ってるようにノーチラスです。
体のいたる所にチューブを付けていかにも海の生き物っぽくしてみました。
まぁ、今回の作品のテーマとしては生物+機械ってな感じだったので、まぁ成功したかな、と思います。
少し生物の割合の方が高いですがw
ちなみに、トーアメトロの素体を中心に作られてます。
c0088747_20435249.jpg

バックです。
生物っぽさを表すために、ラクシの背ビレを付けてみました。
このラクシの背中パーツをどうやって固定するか、さんざん迷ったあげく、バイキングとかのドラゴンの尾の先に使われるパーツで両方から締め付ける感じで固定しました。
けっこうコンパクトに納まって良かったです。
c0088747_2044720.jpg

顔周辺のアップです。
とにかく、チューブがいっぱいです。
最初は、口部分からチューブが出てるようにしようとも考えたんですが、それだとバランスが悪くなるのでやめました。
顔から背中にかけてのチューブは生物の体のラインを表現してみたつもりです。
c0088747_20442314.jpg

お腹のアップ。
ちょっと現時点ではレアなパーツを使用していますw
そうです。5月発売のバラッキのタカドックスで使用されている発光パーツです。
この発光パーツはピラカの歯のように塗料が塗ってあるだけではないのでよく光ります。
ちなみにこのパーツは、小箱のMorakから入手したものです。バイキングの赤い爪も
そのセットからです。
本当はもっといろんな所に赤い爪パーツを使いたかったんですが、2本しかなかったために出来ませんでした^^;バラッキのタカドックスを購入したらもっと増やす予定です。
c0088747_20444162.jpg

背中のアップ。
↑でも紹介したラクシの背中パーツはこんな感じに固定してます。
この写真だと、メトロの素体を使ってる事はよく分かると思います。
c0088747_20445322.jpg

最後の写真です。
今回のコンテストでは入賞こそ出来ませんでしたが、いろんな方に作品を見てもらえるチャンスとして、とても良かったと思います。
次回のコンテストは来年だそうです。
来年の今ごろは受験やらで色々大変だとは思いますが、出すつもりですw
ではでは。。。
c0088747_20464398.jpg

次回はコイツを紹介します。
[PR]

# by TAKE-NICLE | 2007-03-22 21:07  

また1ヶ月間の放置申し訳ありません。

 また1ヶ月以上放置してました^^;僕ダメですね・・・。
 こんなに更新できないのに3個もブログを持っている事が恥ずかしいです(__)
 でも、ここのところ少し忙しいのでまた更新できなくなるかもしれません。

 さて、それでは早速作品紹介です。
 今回は、以前投稿した作品の仲間を紹介したいと思います。

c0088747_20475917.jpg

 音なき静かな夜・・・。月の光に照らされ不気味な白い体が背後から迫る。
 足音もたてず、静かに空を舞い獲物を見つけると驚くべきスピードで捕らえる。
 まさに、夜のハンター・・・。
 彼女の名は「スカルトン」

 スカルトンは「Evil Creatues」の中の紅一点である。
 紅一点とはいうものの、他のメンバーが彼女に憧れているなんて事はない。
 彼女はラクシのような見にくい顔をしていてコウモリのような翼を持つ、無気味な生き物だ。
 普段はずっと洞窟に潜んでいて、夜になると行動を始める。
 何よりも彼女は若い男が大好きで、夜道を若い男が歩いていると背後からそっと忍び寄り首を鋭い剣で背中を斬り、気絶させると自分の洞窟に持って帰り体液を吸うらしい。
 「Evil Creatues」の中では皮肉屋としても有名で他のメンバーからもあまり好かれていない。
 きっと彼女は今日も若い男を探し求めて、夜空を飛んでいる事だろう。
c0088747_20481970.jpg

 なんか、すごい変なキャラになってしまいましたw
 以前のお正月OFFの前日ぐらいに急いで作った作品です。
 とくに工夫した所はないのでなんとコメントあうればいいか分かりません^^;
c0088747_20483041.jpg

 バックです。
 見て分かるようにホーディカの素体がもとになって作られています。
 今改めてみると、妙にゴチャゴチャしててかっこ悪いですね。
c0088747_20484022.jpg

 普段は、剣として使用している所を広げると、飛ぶための翼に早変わりします。
 この翼部分だけは成功したと思います。
c0088747_20485227.jpg

 ちなみにスピナーも飛ばす事が出来ます。
 次が「Evil Creatues」最後のメンバーです。
c0088747_2049117.jpg

 「Evil Creatues」の暗殺兄弟、それがクリムゾンとクラムゾンだ。
 彼らは、恐ろしいほどのチームワークで敵を死へと追いやる。
 「Evil Creatues」の中でも、かなり恐ろしい奴らだといえる。
 2人ともマトラン語は話す事が出来ない。
c0088747_20493369.jpg

 最後です。
 双子っていう設定なので、体の作りが全く同じです。
 見ても分かる(?)ようにカマキリをイメージして作りました。
 ちなみに左(赤)がクリムゾン、右(青)がクラムゾン
c0088747_20494460.jpg

 バックです。
 クリムゾンだけはスピナー発射装置とカマキリの尻尾がついてます。
c0088747_20495636.jpg

 今回は2人とも、色使いに気を付けて作ってみました。
 赤+黄緑のハデなクリムゾンに比べて濃紺+ダークタンのクラムゾンの色のギャップを
 激しくしてみました。
 クリムゾンの色合いは今まで、誰もやった事がないと思ったので、合うかどうか心配でしたが、意外に合ったので良かったです。
c0088747_2050862.jpg

 ひとまず、シリ−ズ物の紹介は終わりますが、けっこうシリーズ物は作るのが楽しいのでこれからも挑戦しようと思います。

c0088747_21162597.jpg

 次回はコイツを紹介する予定です!
 ではでは。。。
[PR]

# by TAKE-NICLE | 2007-03-10 21:16 | EVIL-CREATUES